「クラフトパーソン紹介3」


はじめまして、クラフトパーソンの有安 寿斗です。

私は本社工房にて、キャスト前工程とキャスト後整形を行っています。

キャスト前工程とは、wax(ろうそくのようなもの)で作られたリングをお客様のサイズに合わせて整え直すというものです。これを型取って金属を流す(この作業をキャストと言います)とリングの基となるものができるんです。

そしてキャスト後整形とは、キャストしたリングを叩いたりヤスリで削ったりしてきれいな形に整えるというものです。


私が行っている工程は、リングに命を吹き込むものだと思います。

ただの金属であったものを、想いと技を込めて世界でたったひとつのリングにする。

そしてそれをいろいろなスタッフが受け継ぎ、特別なリングへと仕上がっていくのです。

私はお名前とサイズから、どんなお客様なのか想像しながら日々製作しています。

お客様の大切な場面をもっと輝かすことができるように、これからも想いを込め続けます。

クラフトグループ 有安 寿斗

4回の閲覧