「願う」「思う」だけでなく行動を!と考えての第一歩…支援物資を送りました!(第2部)


昨日から頻繁に、中小企業家同友会から東北太平洋沖大地震被災地への支援情報がe-mailで届きます。

以下、その1つをご紹介します!

☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆

昨日より募集を開始した支援物資第一陣に会員の皆様より

暖かい支援を多数いただいております。第一陣の物資は22日

夕刻、皆様の被災現地への思いを乗せて東京から一路 物資窮乏

の激しい岩手の被災地に出発します。

また、第二陣の支援募集を来週(日程は改めて御案内いたします)

に行い、宮城へ支援物資とさせていただきます。現在、支援物資の

提供を予定の方で第一陣では準備の余裕のないという方はぜひ

第二陣の募集でご協力をぜひ、お願いいたします。

下記 第一陣 ご提供リスト(寄贈企業65社 募集より24時間で)

【衛生品】

マスク     24500枚

おむつ      1540枚(大人用・幼児用)

除菌液など薬品   312個

【食品】

菓子類      2622個

板チョコ     1431枚

スープ      3010個

レトルト食品    265個

缶詰        316個

飲料水        66本

【生活品】

はぶらしセット 10000個

生活用品      638個(タオル。石鹸。トイレットペーパーなど)

【その他】

緊急災害セット    10個

無線機        50台

震災から7日間、相次ぐ悲惨なNEWSを見ながらTVの前で感じていた

思いが溢れるように支援物資のご提供が相次ぎました。

社員全員で支援物資を持ち寄った方、貴重な商材を多数、御提供いただいた方、個人で支援物資購入に品薄の商店街を走り回った方、それぞれの熱い思いが大きな支援物資となって集まりました。そして、支援物資募集の輪は地域の知人や同友会会員以外の地元企業への呼び

かけなど支援物資提供の取り組みは大きな広がりを見せています。

また、運搬を受け持つ 新潟、山形の会員企業、被災現地で救済に奮闘する地元の会員企業、同友会の絆が一つの道となって、被災者と東京に住む私達をつないでいます。人々の命をつなぐためのリレーにこれからも応援をお願いいたします。


☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆

頑張れ!ニッポン!

次だ!ニッポン!