『ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金』対象企業に!


最初に、今日6月22日を1/f では、『睦まじい夫婦の日』とします。

さて、

先日、1/f を運営する株式会社イングは、『ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金』対象企業として採択されました。

これは、中小企業庁が主管し、全国都道府県の地域事務局が担当して、ものづくりによって地域、各都道府県、ひいては日本の国力を高めようという趣旨で行われる、アベノミクスの一貫としての取り組みだと思われます。

全国で10000件を超える応募が有り、その内の1件として、イングが提起した『結婚指輪のための新貴金属開発』が認められたのです。

でも、開発はこれからであり、お客様に喜ばれるリーズナブルで品質の良い新しい貴金属素材を開発するのは簡単ではありません。

しかし、メーカーとしてスタートしたイングに取っては、単に指輪やペンダントの形を変化させるだけの販売は望むところではなく、こうした他がやらないことを初めに行えるイノベーターでありたいと常に思っていますので、社員の協力を得て必ず良い物を開発をしたいと考えています。

これまでも、イングが開発した『Venus Glare』は、西洋の真似がほとんどの日本のジュエリー業界において、日本から世界に発信する新しい技術として15年以上の歴史を持っています。

ダイヤモンドを最高に輝かせる特許。

これは、歴史的に見ても日本のジュエラーが生み出した、世界に誇れる発明だと自負しています。

こんどは、(一般的な貴金属合金:Pt950、Pt900、K18(イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド他)、K14、、SV925等)に並び、将来的には、主流になるような貴金属合金の発明が目標です。

ご期待下さい!

ところで、春から夏に向かっている今、わずか10分程度のハリーとの散歩がてらの通勤路にも季節を感じるものがいろいろ見受けられます。そのうちに幾つかをご紹介しますと。。

1つは、つばめの親子たち。

巣は一般の小さなビルの1階が駐車場になっている天井にあり、5月初旬に1回空になったのですが、下旬には別のカップルなのか、再び子育てを始めました。

今は賑やかに過ごしています。写真は先に巣立った子に遅れること数日、まだ巣立ちできない子たちです。



2つめは、梅の実です。 3月には美しい花で目を楽しませてくれ、今は多くの実りで心を豊かにしてくれるのが梅です。2回楽しませてくれる点では、桜より上です(笑) 

私は、梅の実は酸っぱいものとばかり考えていたのですが、木のそばを通り過ぎる時に甘い良い匂いがするので、落ちている実を拾って食べてみました。


すると、以外にも甘酸っぱくて美味しいのです。

この年齢になるまで知らなかったことでした。

こんなに美味しいならと、翌日は、離れた場所で餌を探している雀のために拾って転がしてあげました。