すり板の先端部


ジュエリー制作を行う目的の机には必ず取り付けられていると言っても過言でないものが「すり板」と呼ばれる写真のものです。何のための道具かと言うとジュエリーの形状をやすりで成形してゆくための力の支えにするためのものなんです。

殆どの職人さんは、この先端部分は木工用やすり、もしくは鉋(かんな)で削って薄くしています。一般的には「朴」(ホウ)の木を材料としているのですが、これが非常にやわらかい木で、この「すり板」の先端部分にやすり出すものを押しつけると、その形状の跡が付きます。

作業を続けてゆくと様々な(写真のような)そのときに必要な形になってゆくのです。

さらに私の場合、写真のように輪ゴムを巻いて、すり板の上に置いた数個の小さなパーツがやすりを掛けるときの振動で滑り落ちないようにしております。輪ゴムの弾力で、その場に固定するのですね。

なぜか分かりませんが、この「すり板」が取り付けられている机の存在は気持ちを落ち着かせると同時に「ものをつくる」という意欲を掻き立てるものになります。

工房 鈴木