その後のアカヒレベビー


2007年08月10日

こんにちわ。銀座店の関根です。

育てていたアカヒレベビーが大きくなり、親アカヒレの水槽に引越すことになりました。3匹だった水槽が8匹になってとても賑やかです。

アカヒレベビーが小さなタッパーに入っていた2ヶ月、水や温度の管理に苦労しました。水槽に引っ越してアカヒレ育児も一段落(^o^)/・・・と思ったまさにその日、水槽に取り付けている濾過器の中に、何か泳ぐものを発見。よくよく見ると生後数日と思われる新たなアカヒレの稚魚でした。

・・・休む間もなく再び育児の始まりです。その日すぐに金属製の茶漉しを買ってきて、それを水槽に吊るして稚魚を入れました。その下を親アカヒレが泳いでいます。金網から出たら稚魚は食べられてしまうと思うと、親アカヒレがジョーズに見えます。

ちなみに、5月に初めてベビーが生まれた時、私が最初に買ったものは虫眼鏡でした。稚魚が小さすぎて、肉眼では全く観察できなかったからです。(-_-;)この生まれたばかりの子も、元気に育ってくれるといいです。



投稿者 ING : 2007年08月10日 14:43| 10スタッフより

コメント

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント:


0回の閲覧