イングの歴史と思い出5


こんにちは。 オーナーの武田です。

メーカーから小売店への変身。

 まずは場所探しから始めました。 外観も自分たちの思いのままに表現できるようにテナントでなく、自社ビルの購入を目指しました。 バブルがはじけて久しく、景気は冷え込んでおり、資金はほとんどなかったのですが、何とかそれを実現する方法を探りました。

 ちょうど1年間、東京23区をいろいろ歩き回った結果、現在の上野店のあるビルに巡り合ったのです。

費用面でも今から考えると信じられない値段で手に入りました。 “ここで、小売店を開いて、お客様に素敵なジュエリーをお届けしなさい”という女神(ヴィーナス)の恵みなのだと思います。  

ここのロケーションは最高です。 なぜならば、私は御徒町のごちゃごちゃした雰囲気の中での仕事はあまり得意ではないので、ちょっと離れた場所でお店を開きたかったのですが、鑑別機関や自社で作製できないチェーンの会社などは御徒町に集中しています。 そういう点で御徒町に自転車なら5分で行ける現在の本社と上野店のあるこの場所は、ちょうど良い位置です。 上野の駅から5分という便利さながら周囲は昔ながらの住宅や区役所、神輿で有名な下谷神社があり、何もかも便利です。  ちなみに、先週は、ちょうど下谷神社祭りがあり、神輿が練り歩きました。

 自社小売の意志を固めて2年の準備期間を経て、2000年に取得したことにちなんで「ING MILLENNIUM」と名づけたこのビルで、1/f 上野店はオープンしました。 

ヴィーナスの恵みに想を得て、自社ジュエリー・接客・ショップイメージ・カタログやWebサイトなど全てを通じて、お客様に癒しと安らぎをお届けすることを目指して、1/f と名づけました。

VenusGlareという世界に誇るブランドの基幹店として、そして、デザイナーと職人が直接応対するお店として、皆さんと一緒に1/f らしさを創り上げて行きました。