オプティカルバイザー


こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

ジュエリー作りは細かい作業の連続で成り立っていることが多いため

肉眼での視力では対応困難なところに何度も遭遇します。

そんなストレスを無くすために装着したままで細かくて見づらい部分を

見続けながら作業を行える道具として「ヘッドルーペ」が開発されました。

しかし流通している多くのヘッドルーペのレンズがプラスティック製なので

制作中に発生する小さな貴金属の粉やかけらがレンズ表面に付着すると

たちまち傷だらけになってしまい使いづらくなってしまいます。

そこで開発されたのが写真の「オプティカルバイザー」です。

このヘッドルーペはレンズ部分がガラス製のためレンズ自体に歪みも少なく、

傷も付きづらいのでたいへんに重宝しております。

また、このレンズを通して見るものがプラスティック製レンズと比較すると

格段にクリア見えますので制作作業の際に必ず行うリング全体感の調整や

石のセッティング具合の調整などが対処しやすいのです。

また、これは私だけかもしれませんが、この「オプティカルバイザー」を使い始めてから一日の仕事を終えた段階での疲れが軽減されました。

道具ひとつで非常にシアワセになってしまうという経験、

職人ならではのものですね!

クラフトグループ 鈴木 誠

0回の閲覧