オラウータンの住む森


2009年01月28日

こんにちは。 オーナーの武田です。

少し前の話です。 大晦日,J-WAVEでとてもよい番組をやっていました。   ボルネオの森がどんどん畑に変わり、そこに住んでいたオラウータン達がどんどん住処を無くして減少して行っているということを特集番組内で伝えてくれていました。

そして、BCT (ボルネオ・コンサベーション・トラスト) ジャパンhttp://www.bctj.jp/index.html

が基金を集めて、民間人の所有する森を買い取る活動をしていると言うことも教えてくれました。

以下、BCTジャパンのWebサイトからの抜粋です。

BCTジャパンとは 生物多様性保全のために、保護区と保護区を結び野生動物が生命をつなぐ「ボルネオ緑の回廊」をつくり、地元の人々が持続可能な資源活用やエコツアーなどをできるようにし、アジアの市民や子どもたちに環境教育を通じて生物多様性の重要性、持続可能な社会のあり方を伝えることで、人間と自然が共生できる持続可能な地球環境を次世代に引き継いでいくことを目的にする。

活動 (1) ボルネオ緑の回廊をつくる事業 キナバタンガン川とセガマ川ぞいに、野生動物が自由に移動できる2万haの緑の回廊をつくるため、土地を確保します。購入資金が必要です。 (2) 野生動物の保護、保全を行う事業 (3) 生物多様性保全に関する普及啓発事業 (4) ボルネオの生態保全に関わる情報提供事業

この放送を聞いた時、これは何としても協力したい!と年末、一人会社で思いました。

1/f での売上の一部を基金として使えたら、と考えてもいます。 ただ、その準備が出来るまでにも森や動物たちはどんどん滅んでいる。 そう考えると、まず、私が出来るだけのことをして、少しずつお客様にこのことを伝えていこう。 そう考えています。



投稿者 ING : 2009年01月28日 11:21| 001/f オーナーより

3回の閲覧