ガーネットの魅力


2007年02月24日


こんにちわ。上野店副店長の筧です。 今日は当店でご用意しているカラーストーンの【ガーネット】について、上野店スタッフ全員でお話したいと思います。



ガーネットとは、柘榴(ざくろ)石とも呼ばれ、皆さんご存知の1月の誕生石ですよね。何でも石言葉は「血液の浄化」だとか。カルシウム・マグネシウム・鉄・マンガン・アルミニウム・クロム・チタンといったものが含まれていて、その成分の違いで同じガーネットでも色が違うものがあります。あの綺麗なガーネットにカルシウムが入っているなんて、なかなか想像もつきませんが、不思議ですよね。自然の神秘を感じます。

———————————————————– こんにちわ。上野店の栗田です。 ガーネットについて、日本名:柘榴石(ざくろ)といわれるくらい、赤の印象が強いですよね。でも実はいろいろな色味があって、赤・オレンジ、緑など、さまざまです。聖書の言い伝えで【ノアの箱舟】では暗闇を明るく照らすカンテラ(携帯用ランプ)としても登場したそうですよ。

———————————————————– こんにちわ!上野店の小林です。 実は私は1月生まれなのでガーネットなんです。ガーネットは赤色のイメージがありますが、他にもグリーンや、ちょっとピンクがかった色もあります。宝石としての価値もあるのですが、少し前までは(どのくらい前なのかはちょっと不明なのですが。。。)ジュエリーの加工にも使われていたそうです。

その使い方とは!! たくさんのガーネットを、プラチナリングの上から、ざらざら〜っと掛けて表面に凹凸を付けて、マット仕上げにするというもの!!この話は当店の自社工房のスタッフから聞いたのですが、とても贅沢な使い方だなぁ。。。と思いました。

今はガーネットを使わなくてもマット仕上げに出来る技術があるのですが、もしも機会があったら(多分、イヤ絶対無いとは思うのですが。。。笑)ガーネットでのマット仕上げ、是非見てみたいなぁ〜!

投稿者 ING : 2007年02月24日 10:40| 10スタッフより

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://f1-jewel.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82

コメント


とぉっても、キレイなリングですネ♪o(*^0^*)o

投稿者 通りすがり : 2007年03月02日 01:50


お褒めの言葉ありがとうございます!!

これからも、素敵なリングを皆様にお届けしていきますよぉ!

投稿者 小林 : 2007年03月02日 17:20


ガーネットって「ほとんど全部の色相がある」といわれるくらいに多様な色と種類があるそうです。 この何十年かでも新種のガーネットが発見されていたり、変わり種では「チェンジカラーガーネット」という、アレキサンドライトのように色が変わるガーネットなどもありますね。(1/f にもあります)

ガーネットでつや消しにする技法ですが、私が宝石の専門学校にいっていたとき、使っていましたよ〜 「金剛砂」(こんごうしゃ)というんです。 お水にいれて、じょうごですくって水ごと、しゃらしゃら〜とかけます。

「金剛」=ダイヤの和名なのですが、ガーネットなのになぜに金剛なのか? 不思議ですね(^_-)-☆

投稿者 細田 : 2007年03月07日 19:42

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント:


2回の閲覧