ゴム型作製



こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

美味しそうなメロンの果肉の部分のような色をしているものは何でしょう?

これはシリコンゴムで指環の形をしたものを型取りしたものなんです。

通称「ゴム型」と呼んでおります。

これは長方形のアルミ枠にシリコンゴムと型となる指環を詰め込み

上下をアルミ板で挟み込んで圧力をかけて150℃の熱で一定の時間過熱すること

で、グミのような軟らかさのシリコンゴムが消しゴムくらいの硬さになります。

そして、中の指環型の空洞部分に溶けた蝋を流し込み鋳造用蝋型を作るのです。

この作業でゴム型を上下の2パーツに分かれるようにするために

用いるのが写真に見える「手術用メス」です。

本来、人間の体を切るための道具ですから、うっかりと手を滑らしてしまうと

簡単に自分の手が怪我してしまいます。

それで充分に注意を払って作業に当たらなければなりません。

この「ゴム型作製」はまるで立体のパズルを作るような面白さがあるのです。

きっと挑戦してみたい人はたくさん居られるのではないでしょうか?

クラフトグループ 鈴木 誠

0回の閲覧