ジュエリーとCAD?


はじめまして。

1/f のジュエリー制作でCADデザインを担当している荒井と申します。

当店では「CAD」というシステムをジュエリー制作に導入しています。CAD(キャド)とは「Computer Aided Design=コンピュータ支援設計」の略で、パソコンの中でジュエリーの形を創り上げてしまうという、一昔前から考えると魔法の様な技術です。

このCAD自体は、機械設計といった工業分野では以前から広く使われているものですが、ジュエリー業界に浸透してきたのはごく最近です。パソコンを使う訳ですから、当然ながら非常に正確な形が創れます。完全な対照形、綺麗な螺旋、同じモチーフの相似形等々…。

「え~、1/f のリングは職人さんが手作りしてるんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、

いえいえ、がっかりしないで下さいね!!

このCADが活躍するのは、あくまで【造型の骨組み部分】だけなんです。パソコンのフタを開けたら出来上がったリングが、ポイっと出てくる訳ではありません(笑)。作成したデータを基に実物のリングを創り上げていくのは、やはり【職人】なのです。美しい完成度の高い逸品を生み出すには、人の手は欠かせません。だってジュエリーの美しい魅力を引き出せるのは人だけなんですから・・・。

0回の閲覧