ダイヤモンドの魅力


2007年04月04日

こんにちわ!今月から銀座店の副店長になりました鈴木(絵)です! どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

さて、今日は、エンゲージリングはもちろんのこと、4月の誕生石でもある「ダイヤモンド」について、スタッフそれぞれの思いをお話したいと思います!



よくダイヤをじーっと眺めていることがあります。。。白い輝き、七色の輝き、ダイヤにも色々と個性がありますね。じーっと見ていると、ふと気になる石があったりします。わたしと相性が良いのかなーと思ってみたり。。。私はダイヤに囲まれた幸せなお仕事をしているなーと実感する時でもあります。以前、「桜色のダイヤ」をご希望のお客様がいらっしゃいました。「桜色」=「ピンクダイヤ」ですけど、「桜色のダイヤ」なんて、とっても素敵ですよね☆(鈴木絵) ———————————————————–

ダイヤモンドの特徴は、やはりその「輝き」と「硬さ」ですよね。婚約指輪はダイヤを使用したものが殆どですが、それはもう500年以上前の、15世紀中頃から現在に至るまで、男性からの愛はダイヤモンドに託され、女性のもとへ届けられているんだそうです。お二人の愛が、ダイヤモンドのようにかたく、そして輝きが永遠に続くように、との願いも込められているのでしょうね。(尾川) ———————————————————–

昨年の暮れに、祖母からもらったダイヤをVenusGlareにリフォームしました。仕事中はもちろん、毎日毎日着けています。ダイヤは中に入った光が戻ってくるときに七色に輝くのがとっても魅力的です。私の石は黄みがかっていてシャンパンのような色なので、1/f にあるような『ぱしっ』という、目に飛び込んでくる強い七色ではありませんが、とっても綺麗に私の指を飾ってくれます。ライトによって、輝き方が違うのもまた魅力的な石なのですが、私は夜道で街灯に照らされた時の輝きがなんとも言えず大好きです。言葉に出来ないほど神秘的な輝きですよ。ダイヤは朽ちていくことがありません。ずっと永遠に変わらない輝きを、永遠に伝えられたら素敵ですね。

もし、ご自宅などで眠っているダイヤがありましたら、リフォームをお勧めします♪(伊藤) ———————————————————–

以前は人工ダイヤモンドのキュービックジルコニアのアクセサリーをよく着けていたのですが、1/fで働くようになり、やはり着けるなら偽者よりは本物!グレードもできるだけ良いもの!と思ってしまいます・・・そうなるとなかなか購入できないですね。それにしても、セレブのエンゲージなどは3ctとか5ctのダイヤモンド・・・それでグレードも良ければ億単位も当たり前ですよね。大きなダイヤモンドを身に着けていられるセレブリティな生活・・・憧れますね☆(高橋) ———————————————————–

赤や青などカラフルな色石もとても好きですが、自分が着けて鏡に映してみると、やはりダイヤモンドに一番惹かれます。どんな洋服にも合って、いつまでも着けられて、一番輝く石だからでしょうか。もし地球の中の偶然が少しずれていたら、このキラキラ輝く石もただの炭になっていたのかと思うと、本当に奇跡のようなことだと思います。高価だからとか、形式だからという理由ではなく、奇跡で生まれたダイヤモンドに気持ちを込めて贈るのは、本当に素敵なことだと思います。(関根)

投稿者 ING : 2007年04月04日 11:24| 10スタッフより

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://f1-jewel.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/109

コメント

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント:


44回の閲覧