ポインセチア


2009年12月17日

こんにちは☆銀座店の筒井です♪

今日はポインセチアについてお話したいと思います☆

私はお休みの日によく祖母に家に行くのですが、お花が大好きな祖母は、私が買い出しに行く時いつも「花を買ってきて」と言います。この前祖母の家に遊びに行った時は、ちょうどクリスマスの象徴でもある花、ポインセチアを買ってくるように言われたので、早速買いに行きました☆すると・・

ポインセチアといえば「真っ赤な花」というイメージしかなかった私はびっくり!お花屋さんには、白や桃色のポインセチアも並んでいたのです!!桃色のポインセチアなんて、皆さんは見た事ありますか??

桃色のポインセチアに一目惚れした私は、迷うことなく桃色と真っ赤なポインセチアを購入し、帰って早速祖母に見せてみました!

祖母は、桃色のポインセチアを初めて見たらしく「こんなものが出たんだね〜」と感動していました!でも更にびっくり☆なんとその赤や桃色の部分は、実は花ではないというのです!「苞(ほう)」と言って、葉が変化したものなんですって!実際の「花」と呼ばれる部分は、赤い葉に囲まれている黄色いつぶつぶの部分。また、ポインセチアはもともとメキシコの花らしく、メキシコの信者たちが「クリスマスの星の形に似ている」とポインセチアを飾りだしたのが、「クリスマスの花=ポインセチア」となったきっかけなんだとか。 お花一つでびっくりすることがいくつも出てきました(笑)!

ちなみに、ポインセチアの花言葉は「聖なる願い」。花言葉までクリスマスらしいので、もう何も言うことなしですね(笑)。皆さんも、そんな数々の驚きがあるポインセチア、今年のクリスマスに飾ってみてはいかがでしょうか??



投稿者 ING : 2009年12月17日 09:41| 10スタッフより

コメント

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント:


0回の閲覧