妙心寺展に行ってきました!


先日、お休みの日に東京国立博物館で開催している「妙心寺展」に行ってきました。

△ 妙心寺展

△ 国立博物館近辺

私の趣味は絵画鑑賞なので、一番に襖絵などに興味がありました。

観てすごく感じたとは『空気感』や『時間表現』、『季節感』です。

色を使っていない画でも、濃淡や表現で、「朝だな」とか、「人が舟に乗っていて、川にも何人かいるから昼か!」「鳥の飛び方で夕方かな?」「冷たい空気が吹いていそうだから冬」など、自分なりに感じ取ってみます。それから解説を読んで、「やっぱり!」とか「そうなんだ!」と楽しんでいます。

元々、日本画の素晴らしさのひとつは時間経過の表現にあるのだと思いますが、楽しみ方は自分流です☆

モノトーンで山と川と人や鳥だけで時間や季節を表現するなんて本当にすごいと思います。

日本画の繊細だけど輪郭を捉えた表現も好きな要素です。

ということで、美術館に行くときは1日がかりなんです。。。

上野本店 鈴木

1回の閲覧