工具のブランドの違いについて


ジュエリー制作をされてる職人さんは人それぞれに好みの工具ブランドがあるようです。

私も、やすりならば、○○製が一番削れる、ノコ刃はこのブランドが良く切れる。

といった、自分なりの好みがあります。

価格の違いが単純に品質に現われていると断言できないところが面白いですね。

「やっとこ」などはグリップ部分の湾曲が、それぞれの工具店で発注しているものに違いがあるため、これも選んで買ってます。

私の尊敬する職人さんで、工具に対して、こだわりの強い人が居て、その人は工具の出来上がりの状態を在庫しているもの、すべてをチェックして一番良い状態のものを購入しようとして、長時間工具店に居るため、嫌がられてるらしいです。(笑)

しかし、気持ちは分かりますね。

私もかなりドリルの刃には神経質な方で、ブランドはもちろん決まってますし、さらに自分が作業しやすいように砥ぎ直したりします。

気持ち良く切れない道具はたいへんなストレスになります。

自分の好きな工具類のメーカーが廃業しないように心から祈る日々が続きますよ。

0回の閲覧