徐々に形になるリング達




おはようございます!制作の坂本です。

前回の記事では担当している工程について書きましたが、今回は前回の工程の続きです

鋳型を除去した製品を個々に分けていきます(通常複数のリングを同時に鋳込みます)。ここでは、湯道(ユミチ:溶けた地金が流れていく通り道のことです)といわれる部分とリングとを、糸鋸や大きなニッパーを使って分けます。この際、リングに傷をつけないように慎重に作業します。個々に分けられたリング達は、次の工程で軽く真円を出します。

ここでは製品が指定のサイズで出来上がっているかチェックするためにリングを大まかに真円にしておく必要があります。芯金という道具にリングを通して、軟らかい木槌で一周軽く叩いていきます。

まだまだ長い工程の一端です。それではまた!次回もお楽しみに。

投稿時間: 13:53

| 個別ページ表示