新年明けましておめでとうございます


2010年01月05日

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

今年は、久々に今までと違う年末年始を過ごせました。 それは、気持ちの部分で、です。  いつもと少し違う行動を取ることで、とても良い気持ちになりました。 その行動は、自分の気持ちが導いたものです。 人は、本当の意味で、個人の気持ちを満足させられた時、充実した心になるように思います。 本当の意味で、とは、すなわち他人の想いにも配慮しつつ、自分が気持ち良くなるような考え方で、ということです。 全く相手のことを考慮せず、自分だけのことしか考えないで、自分が良ければ良いと考えて行った行動は、心の奥の奥の奥が“ザワザワ”します。 皆さんはいかがでしょう?  話が横道にそれますが、私は、この「心の奥の奥の奥」に、「神」がいると考えています。 普段は、何も聞こえませんが、気持ちを静かにし、ニュートラルな状態で、真摯に心の耳を傾けた時だけ、何かが聞こえます。 それは、「声」の時もあれば、“ザワザワ”感の時もあります。

さて、ところで、今年行ったことですが、実際は、ささやかなものです。 これまでは、毎年友人が送ってくれる年賀状を見る都度、今年は、自分からも出さないと、と思いつつ忙しさにかまけて出さずじまいになったり、年末年始を家でテレビを見て過ごすだけになってしまっていたりしました。

今年は、会社の大掃除、忘年会を終えてからのぎりぎりの時間にはなりましたが、年賀状を書き、1月2日には、なかなか行けない(行く気が少なかったと言った方が正確かも知れない)先祖の墓参りに行って、墓石を奇麗に拭いてきました。また、日にちは戻りますが、1月1日には、感謝の気持ちと2010年の絆を願って、スタッフに年賀メールを送りました。

1月3日には、ハリーを連れて、(彼のお気に入りだけど、半年以上連れて行けなかった)東本願寺に散歩兼初詣に行きました(東本願寺のことは、次回また触れる予定です)。 この後、会社に出て、一人仕事初めをしました。

たった、これだけのことですが、非常に充実した気持ちです。 おそらく、この具体例は、私以外の人が見ても何も感じなくても不思議の無いことだと思います。 それで良いのだと思います。 自分が他の人(ハリーも含め(笑))にも思いを寄せて、真の自己満足のためにする行いだからです。  自分を幸せにするのは、自分なのだと改めて、感じます。

2010年は、こんな気持ちを大切にして、大事なスタッフと接し、各自もそうした気持ちで考え行動できるような組織にし、そうした理念を取引先やお客様と少しでも共有できたら良いなと思います。 皆さん、今年も宜しくお願い致します。



投稿者 ING : 2010年01月05日 20:52| オーナーより

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://f1-jewel.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/206

コメント

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント: (書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)