甲斐の武田


2009年04月10日

こんにちは。 オーナーの武田です。 4月9日、山梨県甲府市に行ってきました。

山梨は、ジュエリーの日本一の生産量を誇る県で、県・民間が力を合わせ、地場産業としてジュエリー産業を強化しています。 その一環として、毎年、甲府ジュエリーフェアを開いているのです。 これは、専門業者だけが招待されるもので、いろいろ新しい素材、デザイン、技術を見ることができ良い刺激になるので、できるだけこうした機会を活かすようにしています。

会場は、毎年“アイメッセ山梨”という大型施設です。ここは、緑に囲まれた、幕張メッセや東京ビッグサイトとは全く違った、のどかな風景の中にあります。その上、甲府ジュエリーフェアは桜満開の時期を選んで行っているようで、心浮き立つにくい演出です。東京から貸し切りバスでの送迎まであります。会期中、いつも天気が良いのもこのフェアの印象をさらに良くしています。


ところで、前回のブログで、私は以下のように記しましたが、いきなり夢の夢が実現してしまいました。

会社の、あるスタッフが、近くの上野公園の桜並木のようなところを気の合った仲間だけで静かに見られたら素敵だと言っていましたが、上野公園にしろ、京都の醍醐にしろ、時の天下人をして作れた規模だから、夢のまた夢かなあと答えました。

ジュエリーフェアの会場から少し抜け出し、周りの散策をしていると、流川という一級河川脇に桜並木がずっと続いていました。そこには、誰もおらず、いるのは、桜の木の上の鳥と水の中の鯉だけ、人間は(仲間さえおらず)私一人。“この素晴らしい桜並木を独り占めだ”と満足しながら、川面を眺めました。大きな鯉が水かさの少ない川をゆっくり泳いでいます。



のんびり過ごすこと、数十分。  暖かい風がさ〜っと吹き一斉に(映画の演出でもここまでは無いほどに)花吹雪が舞いました。 その中に立つ私。花道に立つ甲斐の武田です(笑)




投稿者 ING : 2009年04月10日 17:56| オーナーより

コメント

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント: (書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)