線引き用工具




断面が円形の針金状のものをジュエリー制作においては「丸線」と呼んでいます。 貴金属は硬度があっても、基本的には伸び率の良い性質を持っておりますので、焼鈍しを繰り返しながら写真に写っている丸い穴が開いている「線引き板」と呼ばれる金属板の穴を大きいものから小さいものへと移していって徐々に細い線径のものに絞ってゆきます。


極端に線径の太いものは人間の手で引っ張りながら作ることはできませんが、直径3.0mmくらいのものであれば手前に写っている「閻魔やっとこ」という工具で腕力を用いて作ることが可能です。

この「閻魔やっとこ」、よく子供の頃に親から「嘘をつくと閻魔様に舌を抜いてもらうよ!」と叱られる時に舌を挟んで抜き取るための道具としてイメージが固定してますね!(笑)

大人になって自分が使うようになるとは想像できませんでした。 しかもジュエリーを作るための工具だなんて! なんとも怖ろしいネーミングですよね・・・・ もっとジュエリー制作用工具としての相応しい名前は無かったのでしょうか?

投稿時間: 09:46

| 個別ページ表示