超日本的な道具


こんにちは、制作の鈴木です。

今回ご紹介する工具は、「キサゲ」という道具です。

上記の2つの写真は先端部分の形は異なっておりますが、同じ用途で使用します。日本の金工技術の歴史の中ではかなり古くから使われていて、刀装身具、または甲冑飾りなどを作るとき、やすりで削りだした金属の肌に木工で言えば「カンナ」を掛けるようにするのと同様に金属面に残る、やすり傷をきれいに薄皮一枚削ぎ取るのに使われてきました。

この工具は海外のジュエリー職人には使われていない日本独特のものです。

先端部分が尖っているものは、ふくらみのある面用で、丸いものは平らな面、もしくは凹んでいる面用のものです。そして、この工具を手入れすること、つまり切れ味を保つために砥石で研ぐことはたいへんにむずかしく、修得するのが困難です。このことはジュエリー制作の学校に通われている方なら御存知だと思いますが、私も含めてみんなたいへんな練習を積んでマスターしました。

超アナログ、超日本的な工具でありますが、たいへんに便利で、海外のジュエリー職人の方々にも教えたいもののひとつなのです。