からげ線


この糸巻きに巻かれている黒く細いものは糸ではなく、鉄製の針金なのです。

△からげ線

「からげ線」と呼ばれるもので、二つの別パーツを、このからげ線で縛りつけて固定しておいた状態でロー付けをします。

0.3mmの太さなので、縛りつけておいてもロー付けするときに熱が奪われてしまうことがないので、作業がスムーズにできます。

二つのものを結ぶときに、「絡げる」(カラゲル)と言いますよね。

そこから語源が来ているようで「からげ線」と言うらしいです。

ジュエリー制作の専門学校に通っていた時代のクラスメートに、若かった故に、いつも腹を減らしている奴が居りまして、先生から、この呼び名を教えられた時に「唐揚げ線ですか?」と聞き返して、呆れられた者が居りましたことを思い出します。(笑)