旧正月


2009年01月27日

こんにちは。 オーナーの武田です。

世界には今でも旧歴を大切にしている国や地域があります。 現在の暦と旧暦は、太陽暦と太陰暦、つまり、太陽を中心に考えるか月を基準に考えるかですね。 私は、旧暦にもそれなりの良さがあると思って、毎日チェックしています。下記のように、旧暦だと季節と暦が一致するので、自然の姿を愛でるのには合っているなと感じるからです。旧暦の1月から3月(今年の場合、現在の暦で1月26日〜4月24日)が春です。印象とピッタリだと思いませんか?

 春 1月  睦月(むつき)  春 2月  如月(きさらぎ)  春 3月  弥生(やよい)  夏 4月  卯月(うづき)  夏 5月  皐月(さつき)  夏 6月  水無月(みなづき)  秋 7月  文月(ふづき)  秋 8月  葉月(はづき)  秋 9月  長月(ながつき)  冬10月  神無月(かんなづき)  冬11月  霜月(しもつき)  冬12月  師走(しわす)


太陰暦では、実は、昨日が元旦です。 新月から新月までがひと月で、毎月一日が「ついたち(月立ち)」で、月末が「つごもり(月籠もり)」と言いますが、つごもりの方は使わないですね、あまり。 ところで、1月ですが、睦月と言いますよね。 睦みあう月。そして、昨日新しい月が生まれた。 なんか幸せな感じがするのは私だけでしょうか?

前回栃乃洋の娘さんとの小さな出逢を話しましたが、大相撲初場所が25日の日曜日に幕を閉じました。盛り上がった朝青龍対白鵬の横綱対決もさることながら、人はちょっとでも知った人だと応援したくなる心理があるようで、千秋楽を7勝7敗で迎えた栃乃洋の一番には惹き付けられました。  幸福の白犬の効果は!? 栃乃洋は、見事勝ちました。 きっと親子の間で、今頃、白犬伝説が楽しく話し合われていることでしょう。まさに親子にとっても睦月だったと思います。



投稿者 ING : 2009年01月27日 10:57| オーナーより

コメント

コメントしてください


名前:

メールアドレス:

URL: 保存しますか? はいいいえ

コメント: (書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)