彫金




ジュエリー制作技法について、今回は「彫金」についてお話ししたいと思います。

一般的に「彫金」と聞くと地金からアクセサリー類を作ることのように考えている方も居られるでしょう、しかし「彫金」という言葉の定義は「地金を彫刻すること」の技法なのです。

起源は正確には分かりませんが日本においては古墳時代後期には彫金技術を使用したものが登場します。

その後、刀装身具、武具、神仏具などの装飾加工に多用されてゆきます。

彫金には鏨で線、模様、図案などを彫ることだけでなく以下のものも含まれます。

・透かし – 地金を図案に沿って糸鋸や鏨で切り取ったり、彫り抜くこと。

・打ち出し – 地金の裏から大きく打ち出した後、表から細部を押さえていくことにより、レリーフ状の絵画的なものから立体までを造形すること。

・象眼 – 本体の地金に意図する図案の溝を彫り、別の地金を嵌め込む技法。複数の象眼技法があり、本象眼と呼ばれる大きめの地金を嵌め込む方法や地金の表面に細かい目を入れて表面に金箔や金糸を打ち込む布目象眼などがある。

また上記のものは日本の伝統的彫金技術ですが、これとは別にイタリアでルネッサンス期に完成される「Incisione」(インチジオーネ)と呼ばれる彫金技法も国内のジュエリーに見られるようになりました。

日本の彫金とは違って鏨を金槌で叩くのではなく、彫刻刀のような「柄」のついたものを手で押してゆきながら彫る技法です。

写真のものは、そのインチジオーネの鏨です。

使用しない場合は刃先を保護するためにワインの栓に使われるコルクで保護します。

日本の彫金技法を「和彫り」インチジオーネを「洋彫り」と呼ぶ方も多いですね。

それぞれが特有の美しい表現を持ち合わせていますので、購入の際には好みに合せて作品を選ばれると良いでしょう。

えふぶんのいち銀座店にはインチジオーネの素晴らしい一品物がコレクションされております。

是非、この美しさを目の当たりになさってください。

3回の閲覧