​お取り扱い上の注意点

木の指輪『年輪』の耐久性に関して

『年輪』は木材部分に強力な樹脂を使用しコーティングを施しています。

 

通常の木の指輪は、外さないといけないものが大半ですが、当店の『年輪』は技術開発を重ねて、日常生活での耐水性を確保しています。よほど特別な環境でのご使用でない限り耐久性もしっかりございます!

 

ただ、末永くご愛用いただくために、注意点としては以下があります。

 

①高温、紫外線を避けてください。
日常生活以上の紫外線を当てることはリングの劣化を早めてしまいます。
(例)

・オーブントースターの上に長時間放置する
・出窓部分に長時間放置する
・車のダッシュボードに長時間放置する
・サウナ・日焼けマシーンへリングを着用したまま入る、等

②アルコール、油、塩素に触れることを避けてください。
アルコール類は、樹脂(コーティング)を侵食する可能性が高く、油は含まれている成分によっては樹脂を劣化させる危険があります。
(例)アルコール・除光液・ベンジン・シンナー・オレンジオイル・ヘアワックス

③炊事・洗濯時の着用は避けてください。
漂白剤を初めとする薬品類に触れる場合や、食器洗い時にコーティング部分に傷がついてしまうことで、劣化が加速する可能性があります。

④入浴・温泉・海水浴・プール等に入る場合の着用は避けてください。
すぐに影響を受けるわけではありませんが、ダメージが蓄積されていきます。

 

また、

木を使っている指輪ということ関係なく、一般的な通常の貴金属の指輪も同様に、貴金属自体はけっして硬度の高い金属ではありません。

大切に身に着けていただく程、傷や変形が起こりにくくなり美しい状態を長持ちさせられます。

 

万が一、コーティングが劣化した場合、お修理も可能です。