『年輪』のルーツ。
それは、樹齢1000年を超える屋久杉をつかった

『千年指輪®』

世界遺産 屋久島に自生する杉の中で、

樹齢千年を超えるものだけが『屋久杉』と呼ばれる。
その象徴が、縄文杉。


NENRIN GINZAオーナーデザイナー武田が、

屋久島で縄文杉に出逢ったとき、

自然の偉大さと悠久の時の流れを感じ、

「屋久杉を使って木の指輪を作りたい!」と言う気持ちが湧いた。


「きっと身に着けているだけで、癒やし、パワーを感じるだろう」
「こんなに奥が深い素材はない。きっと着ける人の個性を表現できる」

そこから、多くの歳月をかけた年輪ブランドのルーツ

『千年指輪®』の開発が始まった。

素材(メタル部分)

PT950 / K18YG / K18PG /

SV925

プラチナ950 / 18金イエローゴールド / 18金ピンクゴールド /

シルバー925

リング幅

3.0mm幅 / 4.0mm幅 / 5.5mm幅 / 7.0mm幅

PT950 / K18YG / K18PG 価格

プラチナ950 / 18金イエローゴールド / 18金ピンクゴールド

価格

SV925(シルバー) 価格

リングの幅 × アーム(メタル)の素材の組み合わせが

自由にできます!

リングサイズは「1番刻み」で選べます。

すべて受注いただいてから1点1点の手作りです。


『千年指輪®』の屋久杉は、土埋木を使用しています。


 

 

『屋久杉』の指輪の購入はこちら ↓

※表示は税込価格です。

1/1
▲ 縄文杉に逢う、屋久島トレッキングツアーでの写真(2008年に行ってきました!)
▼ 他のシリーズのページへ (click!)
TOPバナー_世界の美木_sp.png
TOPバナー_誕生木_sp.png